その他の国際学術シンポジウム
【所属类别:管理制度】
时 间:2011/6/10 8:26:05
点击次数:395
その他の国際学術シンポジウム
 
l       その他の国際学術シンポジウム
 
2005年11月、韓国麗水市で第一回「韓日中東アジア伝統食品の国際化」という学術会議が開かれました。参加代表は、韓国側は200人、日本側は4人で、四川大学の張文学教授は中国側を代表して、参加しました。    2006年11月、第二回「韓中日東アジア伝統食品の国際化」という学術会議が韓国麗水市で開催され、韓国側の代表は100人、日本は3人参加しまして、四川大学の张文学教授は、中国側を代表して参加しました。 2008年11月、第二回「中国の白酒と健康」という国際シンポジウムは中国の瀘州市で開かれ、会議はルージョウラオジャオ醸造所で開催され、中国側代表は100人、日本側代表は3人が参加しました。 2009年11月、第1回「サツマイモの道」という国際学術シンポジウムは中国で綿陽市呼び寄せました。中国側代表は200人、日本側代表は8人が参加でした。 2010年11月、第1回「東アジア醸造曲類文化」という国際学術研討大会は日本鹿児島市で開かれ、会議は鹿児島大学で開催され、日本代表は200人、中国側は13人が参加しました。 2011年12月、鹿児島大学農学部や焼酎教育研究センターに誘われて、張文学教授は組織する22人が日本の九州地方を訪問して、第8回鹿児島大学焼酎セミナー及び東アジア酒と食事文化学術シンポジウムを参加しました。参加する代表計は200人余り、それぞれ中国、韓国と日本の代表でした。 2013年8月、「有機、生態、文化」第二回ソリッドステ-トの醸造産業技術イノベーションフォーラム中国瀘州で開かれ、会議はルージョウラオジャオ醸造所で開催され、中国側の代表が100人、日本側が参加する代表は鮫島吉広教授、刘晓邦研究員の二人でした。
 








食品生态工程与生物技术研究室    E-mail:foodecoengineering@163.com
联系电话:028-85401785
  管理